脱たるみ肌!リフトアップ化粧品ランキング

20代からのアンチエイジング

20代、初期のアンチエイジング

いつまでも若くきれいな肌でいたいと言うのは、全女性共通の願いだと思います。
アンチエイジングは何歳からでも始められますが、本格的な老化が始まる前から始めた方が後々の肌に大きく影響するのは言うまでもありません。

25歳はお肌の曲がり角と言われています。
まだまだ肌のハリ・ツヤは保てている方が多いですが、肌の回復力が高い内からアンチエイジングに気を使っていた方が、5年後、10年後に訪れる本格的な老化にも対応しやすくなります。

昔に比べて毛穴が目立ってきた、ファンデーションが毛穴に沈むようになってきた、そんな毛穴トラブルも初期のエイジングサイン。
毛穴の開きは、収れん性のある化粧水で閉じる、毛穴の黒ずみは皮脂を落とす石鹸で洗う、このようなケアで効果が出るのは若い肌だけです。

若いうちから高機能化粧品を使うと肌を甘やかしてしまうのではないかと抵抗がある方もいると思いますが、スキンケアに手をかけたからと言って肌が怠けると言うことはなく、手をかければかけるほど肌は応えてくれます。
二十歳を過ぎたらお肌の機能は下降線をたどりますが、年だからしょうがない、とあきらめて何もしないでいるとお肌は老化する一方。
お肌の曲がり角を過ぎていても、まだまだ回復する底力はあります。アンチエイジングをコツコツ続けることによって、美肌はいくらでも蘇るのです。

20代から始める初期のアンチエイジングケアは、パーツケアから始めるのも良いでしょう。
今使っている化粧品に、アンチエイジング効果のある化粧品をプラスすれば、ワンランク上のスキンケアが叶います。

顔の中で一番老化の影響がでやすいのは目元。
ほうれい線と目元のシワでは、目元のシワの方がより老けて見られると言われます。
パソコンやスマホ等でよく目を使う、アイメイクをばっちりしている方は、目元の老化が早くなりがちなので、まずは目元のアンチエイジングを意識してみましょう。

↑このページのトップへ